SC-A351とSC-A371の違いを比較!おすすめはどっち?シロカカフェばこ

当ページのリンクには広告が含まれています。

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこ『SC-A351と『SC-A371』の違いを比較しました。

おすすめはどっちなのかもお伝えしますね!

SC-A351とSC-A371は、シロカ「カフェばこ」のミドルレンジモデル。

タイマー予約蒸らし機能があるのが特徴です。

『SC-A351』と『SC-A371』の違いはというと、

  • サーバーの種類
  • 本体カラー
  • 価格の違い

以上の3点に違いが見られます。

全自動でありながらコンパクトな「カフェばこ」。

  • ガラスサーバーで価格を抑えたい方は、『SC-A351』
  • 保温性の高いステンレスサーバーでコーヒーを楽しみたい方は、『SC-A371』

がおすすめです!

詳しくは、本文にてお伝えしますね^^

シロカ全自動コーヒーメーカー「カフェばこ」が気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼ガラスサーバーで抽出の様子を楽しめるSC-A351はこちら

>>>SC-A351の詳しい口コミや機能はこちらの記事でご紹介しています

ステンレスサーバーで保温性の高いSC-A371はこちら

>>>SC-A371の詳しい口コミレビューはこちらの記事でご紹介しています

目次

SC-A351とSC-A371の違いを比較!シロカカフェばこ

シロカ「カフェばこ」SC-A351とSC-A371の違いについて紹介します。

「SC-A351」と「SC-A371」の違いは、以下の3点です。

  1. サーバーの種類
  2. 本体カラー
  3. 価格の違い

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね!

SC-A351とSC-A371の違い①サーバーの種類

SC-A351とSC-A371は、サーバーの種類が違います。

  • SC-A351 ⇒ ガラスサーバー
  • SC-A371 ⇒ ステンレスサーバー

SC-A351は、ガラスサーバーです。


ガラスサーバーは、

  • 抽出の様子が楽しめる
  • 残量がわかりやすい

といった良さがあります。

ただ、ステンレス製に比べると衝撃に弱く、割れるリスクがあります。

お手入れの際など、取り扱いには注意が必要ですね。

一方、SC-A371はステンレスサーバー。


ステンレスサーバーは、

  • 保温性に優れる
  • 衝撃に強い

という良さがあります。

保温性が高いので、多めに作り置きする場合は便利!


コーヒーは、直接熱をあてて保温すると劣化が進みます。

すると、雑味を感じやすくなるんですね。

ですが、保温性が高ければ、保温機能を使う必要なし!

淹れたての美味しさをキープしやすいです^^。

SC-A351とSC-A371の違い②本体のカラー

SC-A351とSC-A371の違いは、本体カラーです。

  • SC-A351 ⇒ シルバー
  • SC-A371 ⇒ ブラック

SC-A351の本体のカラーは、「シルバー」


前面がシルバーで、側面はブラック。

とってもオシャレですね^^。

SC-A371の本体のカラーは、ブラック。


マットなブラック統一さたボディは、高級感があります。

ステンレスサーバーも映えますね!

どちらも、シンプルでスタイリッシュです。

SC-A351とSC-A371の違い③価格

SC-A351とSC-A371は、販売価格が違います。

  • SC-A351 ⇒ ¥17,980 (税込)
  • SC-A371 ⇒ ¥19,980 (税込)

※2024年1月現在の公式オンラインストア価格

公式オンラインストアの販売価格は、

  • SC-A351:¥17,980 (税込)
  • SC-A371:¥19,980 (税込)

SC-A351とSC-A371は、¥2,000ほど価格が異なります※2024年1月現在

ただし、店舗や販売時期による違いもあります。

最新の価格は、こちらをチェックしてみて下さい^^

カフェばこ(SC-A351)

>>>Amazonで最安値をチェックする

>>>楽天市場で最安値をチェックする

>>>Yahoo!ショッピングで最安値をチェックする

カフェばこ(SC-A371)

>>>Amazonで最安値をチェックする

>>>楽天市場で最安値をチェックする

https://shopping.yahoo.co.jp/search?aq=&oq=&first=1&ss_first=1&ts=1704767803&mcr=7718254bcdff99c7406b42635a36e6ff&tab_ex=commerce&sretry=0&p=SC-A371&sc_i=shp_pc_search_searchBox_2“>>>>Yahoo!ショッピングで最安値をチェックする

▼ガラスサーバーで抽出の様子を楽しめるSC-A351はこちら

ステンレスサーバーで保温性の高いSC-A371はこちら

SC-A351とSC-A371どっちがおすすめ?シロカカフェばこPRO

ここでは「SC-A351」と「SC-A371」の違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかご紹介しますね。

SC-A351がおすすめな人


C-A351がおすすめな人

  • ガラスサーバーが欲しい
  • 抽出の過程もたのしみたい
  • 残量が確認しやすい方がいい
  • 少しでも価格を抑えたい

ガラスサーバーは、透明なので残量が一目瞭然。

また、抽出の様子を楽しむことが出来ます。

ステンレスサーバーよりも安いので、価格も抑えられます。

SC-A371がおすすめな人


SC-A371がおすすめな人

  • ステンレスサーバーが欲しい
  • 作り置きする機会が多い
  • 保温性を重視している
  • ガラスサーバーの取り扱いが不安

ステンレスサーバーの特徴は、高い保温性

ガラスに比べて保温がきくので、作り置きにも便利。

ガラスに比べ耐久性にも優れているので、小さいお子さんのいるご家庭やペットを飼われている方でも安心です。

まとめると、SC-A351とSC-A371の大きな違いは、サーバーの種類

  • ガラスサーバーが良い場合は、SC-A351
  • ステンレスサーバーが良い場合は、SC-A371

どちらも、見た目はスタイリッシュ

全自動で手軽に美味しいコーヒーが楽しめます^^

▼ガラスサーバーで抽出の様子を楽しめるSC-A351はこちら

>>>SC-A351の詳しい口コミや機能はこちらの記事でご紹介しています

ステンレスサーバーで保温性の高いSC-A371はこちら

>>>SC-A371の詳しい口コミレビューはこちらの記事でご紹介しています

SC-A351とSC-A371の比較表!シロカカフェばこ

SC-A351とSC-A371違いを表にまとめました。

品番SC-A351SC-A371
カラーシルバーブラック
抽出温度なしなし
ミル段階1~41~4
ミル挽き中細挽き中細挽き
蒸らし機能ありあり
水タンク着脱可能着脱可能
保温機能30分30分
サーバーガラスステンレス
抽出方式ドリップドリップ
最大使用水量0.55L0.55L
重さ2.7kg2.7kg
サイズ幅16.2×奥行28×高さ26.4cm幅16.2×奥行28×高さ26.4cm
コード長1.2m1.2m
付属品本体、計量スプーン、取扱説明書(保証書)本体、計量スプーン、取扱説明書(保証書)

画像引用:シロカHP

こうして見てみると、SC-A351とSC-A371も、機能や性能に大きな違いは見られませんね。

SC-A351とSC-A371共通の機能や特徴!シロカカフェばこ

これまでは シロカカフェばこ「SC-A351」と「SC-A371」の違いについてお伝えしてきました。

ここからは、共通の機能や特長についてお伝えしていきますね!

シロカカフェばこの特徴
  • 豆から抽出する全自動コーヒーメーカー
  • 杯数に応じた中細挽き
  • 蒸らし機能で雑味のない味わい
  • 便利な予約タイマーと保温機能
  • 水タンクが取り外しできるからお手入れも簡単

それぞれ詳しく見ていきましょう!

豆から抽出する全自動コーヒーメーカー


SC-A351とSC-A371は、どちらもプロペラ式全自動コーヒーメーカー

豆と水をセットしたらで、ボタンひとつで美味しいコーヒーが淹れられます。

自宅で挽きたてのコーヒーが飲めるのは最高ですね!

杯数に応じた中細挽き


SC-A351とSC-A371は、設定杯数に応じて豆を挽いてくれます。

しかも、ミル刃は新ブレード

なので、均一に挽くことができるようになりました。

これにより、いつでも安定した美味しさを味わえます^^

蒸らし機能で雑味のない味わい

SC-A351とSC-A371には、蒸らし機能があります。


蒸らし」は、コーヒーの旨味を抽出する上で大切な工程。

これにより、コーヒー豆本来の美味しさを味わうことが出来ます。

便利な予約タイマーと保温機能

SC-A351とSC-A371は、タイマー予約機能30分の保温機能が搭載されています。


飲みたい時間にタイマーをセットすれば、挽きたて淹れたてを味わうことができます。


夜に豆や水をセットしておけば、朝起きたら部屋中コーヒーのいい香り♪

時短にもなるし、朝からいい気分で1日をスタート出来そうですね^^!

水タンクが取り外しできてお手入れも簡単

SC-A351とSC-A371は水タンクが着脱式


なので、給水やお手入れがらくに出来ます。


ちなみに、エントリーモデルのSC-A221やSC-A211。


見た目は似ていますが、こちらは水タンクが本体一体型なので給水しにくいです。

▼ガラスサーバーで抽出の様子を楽しめるSC-A351はこちら

ステンレスサーバーで保温性の高いSC-A371はこちら

SC-A351とSC-A371の違いを比較!おすすめはどっち?シロカカフェばこまとめ

今回は、シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこ『SC-A351と『SC-A371』の違いを比較してお伝えしました。

SC-A351とSC-A371は、「カフェばこ」のミドルレンジモデル。

その違いはというと、

  • サーバーの種類
  • 本体カラー
  • 価格の違い

以上の3点に違いが見られます。

全自動でありながらコンパクトな「カフェばこ」。

SC-A351もSC-A371も、機能や性能はほぼ一緒です。

  • ガラスサーバーで価格を抑えたい方は、『SC-A351』
  • 保温性や耐久性のあるステンレスサーバーが良い方は、『SC-A371』

がおすすめです!

ライフスタイルに合わせて購入すれば、美味しいコーヒータイムが満喫できますね♪

他の全自動コーヒーメーカーも気になるという方は、こちらも参考にしてみて下さい。

>>>楽天市場で全自動コーヒーメーカーランキングを見る

>>>Amazonで全自動コーヒーメーカーランキングを見る

▼ガラスサーバーで抽出の様子を楽しめるSC-A351はこちら

>>>SC-A351の詳しい口コミや機能はこちらの記事でご紹介しています

ステンレスサーバーで保温性の高いSC-A371はこちら

>>>SC-A371の詳しい口コミレビューはこちらの記事でご紹介しています

目次