STEM300とSTEM350の違いを比較!おすすめはどっち?カドー加湿器

当ページのリンクには広告が含まれています。

カドー加湿器STEM300STEM350の違いを比較しました。

おすすめはどっちなのかもお伝えしますね!

加湿器でありながら、お部屋のインテリアとしても大活躍のカドー加湿器。

「STEM 300」は、パワフルでありながら微細なミストが自慢。

静音性、省エネにも優れた加湿器です。

そんな、「STEM 300」をアップデートしたのが「STEM 350」!

STEM 350」と「STEM 300」主な違いは、以下の5つです。

  • 強モードの加湿量
  • 強モードの消費電力
  • 電源コード接続口の位置
  • イルミネーション機能の内容
  • 操作パネルのLED色

どちらも、インテリアにこだわりのある方に人気の加湿器。

超音波式でありながら、加湿性能にも優れています。

省エネ、静音性にも優れていると好評です。

本文では、cado(カドー)加湿器「STEM350」と「STEM300」の違いを1つずつ詳しく紹介します!

パワフルなのに床が濡れないcado(カドー)加湿器STEM300

目次

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違いを比較!

cado(カドー)加湿器『STEM350』と『STEM300』の主な違いは、以下の5つ。

  • 強モードの加湿量
  • 強モードの消費電力
  • 電源コード接続口の位置
  • イルミネーション機能の内容
  • 操作パネルのLED色

1つずつ詳しく紹介しますね♪

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違い①強モードの加湿量

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違いは、強モードの加湿量です。

  • STEM350 ⇒ 加湿量350ml
  • STEM300 ⇒ 加湿量300ml


運転モードSTEM350STEM300
間欠50ml50ml
150ml150ml
350ml300ml
急速400ml400ml

STEM350は、強モードの加湿量がUPしました。(300mL→350mL)

他のモードの加湿量は、変わりません。

湿度に合わせて、細かく設定できますね!

カドー加湿器STEM350とSTEM300の違い②消費電力

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違いは、強モードの消費電力です。

  • STEM350 ⇒ 強モード29W
  • STEM300 ⇒ 強モード26W


運転モードSTEM350STEM300
間欠7W7W
18W18W
29W26W
急速34W34W

強モードで1時間使用した場合、

  • STEM350の電気代は、約0.9円
  • STEM300の電気代は、約0.81円

3Wの差は、そこまで気にしなくても良さそうですね。

カドー加湿器STEM350とSTEM300の違い③電源コード接続口の位置

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違いは、電源コード接続口の位置です。

  • STEM350 ⇒ 下部側面
  • STEM300 ⇒ 本体裏面

STEM300は、コード接続口が本体裏側。

なので、本体を持ち上げないと取り外し出来ませんでした。

ですが、STEM350は、本体背面に変更。

画像引用:makuake

本体の裏を返さなくても、コードの取り外しが出来るようになりました。

コードの取り外しがラクになったので、場所の移動や、メンテナンスもやりやすいですね♪

カドー加湿器STEM350とSTEM300の違い④イルミネーション機能の内容

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違いは、イルミネーション機能です。

  • STEM350 ⇒ 下部LEDの色が選択可能、「1/fゆらぎモード」あり
  • STEM300 ⇒ 下部LEDの色の選択不可、「1/fゆらぎモード」なし


カドー加湿器には、湿度によって変わるイルミネーション機能があります。

STEM350は、それに加え、

  • 下部LEDの色が選択可能
  • 「1/fゆらぎ」モードを搭載

と、バージョンアップしています!

画像引用:makuake

タンク下部インジケーターを、お好みの色に合わせて設定できるんですね。

それに加え、「1/fゆらぎ」でタンク下部インジ ケーターが点滅。

ゆらぎ効果で、癒しの空間を演出してくれます!

お部屋の間接照明や、デスクライトにも良いですね♪

カドー加湿器STEM350とSTEM300の違い⑤操作パネルのLED

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の違いは、操作パネルのLED色です。

  • STEM350 ⇒ 青色
  • STEM300 ⇒ アイスブルー

LED色がSTEM300 は青色STEM350 はアイスブルー色 。


どちらも、爽やかな色あいです^^

おしゃれでパワフルな加湿cado(カドー)加湿器STEM300

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300おすすめはどっち?

cado(カドー)加湿器『STEM350』と『STEM300』おすすめはどっちなのかお伝えします。

cado(カドー)加湿器STEM350がおすすめな人

画像引用:makuake
  • パワフルな加湿を重視する人
  • リラックスタイムを充実させたい
  • イルミネーション機能がお気に入り

STEM350は、超音波式でありながらパワフルな加湿器。

強モードの加湿量が、350mlにアップしています!

LEDの色が選択可能になったり、「1/fゆらぎ」モードが搭載されていたり。

加湿と同時にリラックス空間を演出できるのが、STEM350です!

cado(カドー)加湿器STEM300がおすすめな人


  • 加湿量に特にこだわりがない
  • 省エネや静音性も重視したい
  • 少しでも電気代を抑えたい

加湿性能に加え、省エネ静音性にも優れたSTEM300。

強モードの加湿量はSTEM350より劣るものの、それ以外の加湿量は変わりません。

消費電力が抑えられるので、わずかですが電気代も抑えられます。

デザインにこだわりながらも、省エネを重視したい方にはSTEM300がおすすめです

カドー加湿器といえば、デザインの良さが評判。

スタイリッシュで、かっこいいんですよね!

見た目はもちろん、加湿機能も十分

静音性・省エネ性にも優れているので、どなたでも安心して使うことが出来ますね^^

インテリアとしても活躍するcado(カドー)加湿器STEM300

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の加湿器の比較表

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300の加湿器の違いを表にまとめました。

項目STEM350STEM300
画像
洋室18㎡(11畳)18㎡(11畳)
和室11㎡(7畳)11㎡(7畳)
加湿量(mL/h)(間欠)50
(弱)150
(強)350
(急速)400
(間欠)50
(弱)150
(強)300
(急速)400
タンク容量3.5L3.5L
消費電力
(W)
(間欠) 7
(弱)18
(強)29
(急速)34
(間欠) 7
(弱)18
(強)26
(急速)34
本体質量約3.3 kg約3.3kg
運転モードオート/ ナイトモード / 間欠 / 弱 / 強 / 急速オート/ ナイトモード / 間欠 / 弱 / 強 / 急速
タイマー1H/4H/8H1H/4H/8H
運転音30〜33dBA30〜33dBA
サイズ高さ35.4cm
直径21.0cm
高さ35.4cm
直径21.0cm
電源コード約2 m約2 m
付属品取扱説明書、安全上のご注意、保証書、電源コード取扱説明書、安全上のご注意、保証書、電源コード
画像引用:https://cado.com/products/stem-300

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更する事があります。

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300、機能面で大きな違いはないですね。

\ おしゃれでスタイリッシュな加湿器/


cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300共通の機能や特徴

cado(カドー)加湿器「STEM350」と「STEM300」の共通の機能や特徴をご紹介します。

共通の機能や特徴
  • 床やインテリアが濡れないウルトラマイクロミスト
  • Wクリーンシステムでいつも清潔なミストを噴霧
  • LEDライトで湿度を可視化
  • 高い静音性で就寝時も使いやすい
  • 開口が大きく給水もお手入れも簡単

床やインテリアが濡れないウルトラマイクロミスト

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300は、いつも清潔なマイクロミストを噴霧できます。


マイクロミストには、

  • 床やインテリアが濡れない
  • 肌ざわりが優しい
  • 気化しやすく加湿率がアップする

といったメリットがあります。


床や壁が濡れる心配がないので、置き場で困ることはないですね!

また、アロマを使えば香りも楽しめます。

Wクリーンシステムでいつも清潔なミストを噴霧

cado(カドー)加湿器STEM350とSTEM300は、Wクリーンシステム搭載!

  • 菌の繁殖を抑制する「抗菌プレート
  • ホワイトダストを防ぐ「フィルターカートリッジ

を搭載しているんですね。


加湿器は水を使用する為、カビや雑菌の繁殖が気になる方もいらっしゃると思います。

健康のためにと加湿をしても、、加湿している水に菌が含まれていたら嫌ですよね。


カド―の加湿器は、Wクリーンシステムで、細菌の繁殖を抑制。

いつも清潔なミストが噴霧されるので安心です!

LEDライトで湿度を可視化

cado(カドー)加湿器STEM300とSTEM350は、3色のLEDライトで湿度状態が分かるようになっています。


  • 青(ブルー) → 湿度 50%以上
  • 緑(グリーン)→ 湿度 30〜50%
  • 黄(イエロー)→ 湿度 30%以下
  • 赤(レッド) → 給水のお知らせ

厚生労働省が推奨する室内の湿度は50〜60%。

なので、ブルーがベストな状態です。

イエローになったら加湿量をアップしましょう!

高い静音性で就寝時も使いやすい

cadoの加湿器は、静音性にも優れています。

なので、就寝時はもちろん、仕事や勉強に集中したい時でも邪魔をしません。


その運転音は、最大33dB。

  • 40dB・・・図書館
  • 30dB・・・病院内

運転音は、一般的な図書館よりも静か。



ナイトモードでは、自動運転をしながらタンク部の照明も消灯

安眠を妨げない仕様となっています。

これなら、寝室でも安心して使えますね!

開口が大きく給水もお手入れも簡単

カドー加湿器STEM350とSTEM300は、開口が大きいのも特徴。

そして、注ぎ口が高い位置にあるので、立ったまま給水可能です。


水槽内には、抗菌プレートを搭載。

水道水を注ぐだけで細菌を除去するので、お手入れも最小限で済みます^^

交換カートリッジはこちら


パワフルなのに床が濡れないcado(カドー)加湿器STEM300

STEM300とSTEM350の違いを比較!おすすめはどっち?カドー加湿器まとめ

カドー加湿器STEM300STEM350の違いを比較しました。

STEM 350」と「STEM 300」主な違いは、以下の5つ。

  • 強モードの加湿量
  • 強モードの消費電力
  • 電源コード接続口の位置
  • イルミネーション機能の内容
  • 操作パネルのLED色

加湿器でありながら、お部屋のインテリアとしても大活躍のカドー加湿器。

  • 加湿と同時にリラックス空間を演出したい方は、STEM350
  • デザインにこだわりながらも、省エネを重視したい方にはSTEM300

がおすすめです。

どちらも、インテリアにこだわりのある方に人気の加湿器。

オシャレで快適な空間を手に入れることが出来ますね^^

他の加湿器も気になる場合は、コチラも参考になります。

>>>楽天市場加湿器ランキングを見る

>>>Amazon加湿器ランキングを見る

パワフルなのに床が濡れないcado(カドー)加湿器STEM300


目次