トリセツショー乾燥肌の対策!正しい保湿剤の塗り方3T塗り(1月19日)

  • URLをコピーしました!

2023年1月19日放送の『あしたが変わるトリセツショー』

今日のテーマは、「かゆみのトリセツ」

冬のこの時期、「乾燥して肌がかゆい~」

とお悩みの方はいませんか?

肌が乾燥すると、かゆみを感じやすい状態になってしまうんです。

乾燥肌対策として「保湿剤」を塗っている方もいると思いますが、

せっかくなら正しい塗り方で、乾燥をやっつけましょう!!

この記事では、『あしたが変わるトリセツショー』で紹介された

正しい保湿剤の塗り方「3T塗り」

についてまとめています。

肌に浸透し、水分量がUPする「3T塗り」

保湿剤を塗っているのにかゆみが治まらない人は必見です!

目次

【トリセツショー】正しい保湿剤の塗り方ご紹介!

「冬になると、肌がかゆい~」

冬は空気が乾燥するので、肌のかゆみに悩む人が増えます。

そんなかゆみ対策で有効なのが

「保湿剤」


かゆみの原因である、かゆみ神経。

そのかゆみ神経の伸びを抑える方法が「保湿」なんです。


今回オススメする保湿の方法が3T塗り

ポイントは3つのT!

  1. 量はTappuri(たっぷり)
  2. 塗り方はThirty(30回)
  3. 頻度はTwice(2回)

たっぷりの量の保湿剤を、30回優しく塗り伸ばし、

これを1日2回行うという保湿法!

マウス実験で、かゆみ神経の伸びを抑えられることが判明した方法です。

【トリセツショー】3T塗りの詳しいやり方

保湿剤のオススメの塗り方「3T塗り」

これを行うことで塗りムラが減少し、保湿剤が深く浸透(通常の3倍)します!

その詳しい方法を、ご紹介しますね(^^♪

やり方①量はたっぷり

目安となるのは、人さし指の第一関節までの量。

専門的には、1FTU(Finger Tip Unit)と呼ばれています。

この量が、手のひら2枚分の面積に塗る適量です。

保湿剤を塗る量の目安

  • 腹・胸 7FTU
  • 背中(でん部含む) 7FTU
  • 片腕 3FTU
  • 片手 1FTU
  • 片脚 6FTU
  • 片足 2FTU

やり方②塗り方は30回塗り伸ばす

塗り伸ばす回数の目安となるのは30回

皮膚は摩擦に弱いので、ゆっくり優しく塗り伸ばしましょう。

激しくこするのはNG

アトピー性皮膚炎の方は

悪化する可能性もあるのでこすりすぎは厳禁!

やり方③頻度は1日2回!

オススメは朝と夜


着替えの時や入浴後など、

肌を露出したついでに塗ると、面倒くささが軽減!

洗面所やベッド脇など、目に付くところに保湿剤を置くと、塗り忘れを防止できますよ!

【トリセツショー】3T塗りの注意事項

・保湿剤でかゆみが取れないときは?

保湿剤を塗ってもかゆみが取れないときや、かぶれや湿疹などが起きた場合は、
すぐに使用を中止して皮膚科医に相談してください。

保湿剤の種類による違いや注意点は?

今回データを紹介したのは、ヘパリン類似物質という成分が含まれる保湿剤です。
尿素やセラミド類似物質など保湿成分は多くありますが、効果にあまり違いはないと考えられています。

ベタつくのが苦手な人には、

  • 液状のローション
  • 泡状のフォーム

など、ベタつきにくいタイプの保湿剤もあります。

※保湿剤はすべてのかゆみに効果があるわけではありません。
かゆみが取れない場合は、その原因を特定するためにも皮膚科医に相談を!

まとめ

トリセツショーで紹介された、正しい保湿術の紹介をしました。

実験でも効果が実証された『3T塗り』

  1. 量はTappuri(たっぷり)
  2. 塗り方はThirty(30回)
  3. 頻度はTwice(2回)

乾燥がきになるこの時期、ぜひ試して効果を実感してみてください!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次