【初耳学】入眠儀式7つを中島健人さんが実践!睡眠コンサルタントが教える睡眠の新常識

  • URLをコピーしました!

2022年5月22日に放送された、「日曜日の初耳学」で、質の良い睡眠を得るための『入眠儀式』が紹介されました。

入眠儀式を教えてくれたのは、睡眠コンサルタントである友野なおさん。

ケンティーことSexyZone中島健人さんが、友野さんおすすめの『入眠儀式』を実践しました。

「夜10時から2時が睡眠のゴールデンタイム」という情報を、友野さんに「化石レベル(に古い)」と否定され、動揺するケンティー。

その他にも、睡眠の新常識に、スタジオにいた他の出演者さんも驚く様子が見られました。

この記事では、初耳学で紹介された質の良い睡眠を得るための『入眠儀式』とその方法についてまとめています。

目次

『入眠儀式』7つの方法

入眠儀式とは?

入眠儀式』とは、眠りに入るためのスイッチのこと。

決まったルーティーンを毎日繰り返し行う事で、それが条件反射となり、睡眠スイッチが入りやすくなるそうです。

単調な行動を毎日繰り返すことで、黄金の90分睡眠に入りやすくなります。

睡眠に関する大ベストセラー『スタンフォード式最高の睡眠』

眠り始めの最初の90分で、どれだけ深く眠れるかが重要で、この黄金の90分睡眠の質を決めることが紹介されていました。


入眠儀式

睡眠コンサルタント友野なおさん直伝の『入眠儀式』7つを紹介します。

パジャマに着替える

パジャマに着替えることを習慣づけると、寝るスイッチになります。

活動と休息の切り替えが意識的に出来ないため、部屋着で寝るのはNG

パジャマに着替えるのは、寝る直前が効果的。

お風呂を出て寝るまでは、ガウンなどを着ると良いそうです。

40℃のお風呂に15分浸かる

湯船に浸かることも、重要な入眠儀式の一つ。

40℃のお湯に15分浸かり、お風呂を出てから90分後に寝るのがおすすめです。

体温の落差を大きくすると、眠りやすくなります。

綿素材のパジャマで寝る

睡眠の質を上げるには、綿素材で、厚手でないパジャマが最適

モコモコ素材のパジャマだと寝具との相性が悪く、寝返りに不必要な力が入り快眠の妨げになります。

また、吸湿性に乏しく、寝汗で不快になってしまう為NGです。

起床11時間後に運動する

運動のゴールデンタイムは、起床から11時間後

起床から11時間後は、1日の最高体温の時間。

睡眠を深くするポイントは、運動で体温を上げ、眠る時に体温が下がっている状態です。

運動は週4回以上おこなう

睡眠の質を上げる運動は、スクワット10回でもOK

軽いストレッチやヨガでも大丈夫です。

<睡眠の質を上げるスクワット>
①1日10回
②週4日以上
③起床11時間後に行う

ウェイトブランケットを使用する

使うだけで睡眠の質が上がる理想の寝具が「ウェイトブランケット」!

「ウェイトブランケット」は、重く作られた寝具です。

中島健人さんが「羽毛布団」と「ウェイトブランケット」で実験!

「羽毛布団」では、緊張状態になることがありましたが、「ウェイトブランケット」では筋肉が緩み、リラックスして眠ることができました。

重い寝具で全身を程よく圧迫することで、マッサージと同様の効果が得られます。

その結果、睡眠の質が上がります。



睡眠のゴールデンタイム

睡眠の新ゴールデンタイムは0時〜6時

昔は、「22時〜2時が睡眠のゴールデンタイム」と言われていましたが、この情報は化石レベルに古いそうです。

睡眠のゴールデンタイムは、0時〜6時に被せた7時間程度が理想的だそうです。

睡眠コンサルタント友野なお

今回、睡眠の新常識を教えてくれたのは、睡眠コンサルタント友野なおさん。

ご自身が睡眠を改善したことで、

  • 15kgのダイエット
  • 重度のパニック障害の克服
  • 体質改善に成功

したそうで、その経験から睡眠を専門に研究するようになったそうです。

著書も多数あります。




まとめ

2022年5月22日の「初耳学」で放送された、『入眠儀式』を紹介しました。

睡眠コンサルタントである友野なおさんが教えてくれた方法は、簡単で取り入れやすいものばかりでしたね。

ぜひ、参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次