モンベルランドセルのカラーは?耐久性や機能、口コミについても!

  • URLをコピーしました!

モンベルのランドセル、通学用バックパック『わんパック』。

一般販売されることが発表され、話題ですよね!

大手アウトドアメーカーが開発したということで、

機能性に優れていることが予測されますが、

カラー展開はどうなっているのか気になります。

また、6年間使用するランドセルなので、耐久性も重要ですよね?

そこで、今回は、モンベルのランドセルのカラー展開や機能性、耐久性、口コミについてまとめてみました。

お値段や購入方法についてはコチラ↓

目次

モンベルランドセルのカラー展開は?

モンベルのランドセル、通学用バックパック『わんパック』。

カラー展開は、3色の予定となっています

12月中旬一般発売ということですが、

今のところ、3色展開という情報のみです。

このランドセルを無償配布する富山県立山町では、紺色でした。

なので「紺色」はラインナップに加わるのではないかと思います。

防犯面を考えると、明るいカラーがあるといいですよね~。

どんなカラー展開になるのか、楽しみです。

(追記)

カラー展開は、以下の通り

  • ブルーグリーン(BGN)
  • ブラウン(BN)
  • ワインレッド(WRD)

  • 発売日︰2022年12月中旬
  • 商品名︰小学生向け通学用バックパック「わんパック(One-Pack)」
  • カラー展開:ブルーグリーン(BGN)、ブラウン(BN)、ワインレッド(WRD)

モンベルランドセルの耐久性や機能性をご紹介!

モンベルランドセルの機能

引用:モンベルHP
  1. ワンアクション開閉:テープを持ってジッパーを引くだけで簡単に開閉可能
  2. PC・タブレット用ポケット:電子機器用の独立した背面ポケット
  3. マチつきポケット:マチ付き前面ポケットにレインウエアなどのかさばるものを収納
  4. 反射テープ:前面ポケットとショルダーベルトの反射テープで夜間の安全性を向上
  5. カラビナ:左右両側に荷物を吊るせるカラビナを配置
  6. 持ち手ハンドル:カバンを持ち上げたり、棚に出し入れする際に便利なハンドル
  7. フレキシブルに動くショルダーベルト:体格や成長に合わせてショルダーベルトが快適にフィット
  8. Dカン:ショルダーベルトに防犯ブザーなどを取り付けるDカンを配置
  9. 背面パッド:荷物の背中への当たりを和らげるフォーム入り
  10. 背面・底面のパネル:自立&型崩れを防ぐパネル入り

モンベルランドセルの重さは?

モンベルのランドセルの重さは900gです!

一般的な皮革製ランドセルの重さが約1200g前後なので、約300g軽量化しています。

子ども達が背負う教科書類の重さは、平均は5kg~6kg

重い時は、10kgを超えることも!

なので、ランドセル選びには、重さもポイントの一つですよね。

実際に背負ってみた立山町の子ども達からは、

「軽くて背負いやすい」

「中が広くて何でも入りそう」

という意見が聞かれていました。

モンベルランドセルの耐久性は?

モンベルのランドセルの素材は、

840デニールナイロンとなっています。

「デニール」とは、繊維の太さを表す単位のこと。

数値が大きくなるほど、厚くて破れにくい生地ということになります。

女性であれば、タイツを思い浮かべるとわかりやすいかもしれませんね。

冬によく履くタイツが80デニールなので、その約10倍の生地ということになります。

ちなみに、モンベルの登山用アルパインザック本体が210デニール。

それと比較しても4倍になっています。

水と汚れに強い加工を施してあるので、

これなら6年間の酷使にも耐えられそうですね!

続いては、モンベルのランドセルについて、世間の口コミをご紹介します!

モンベルのランドセルの口コミ評判は?

モンベルのランドセルの魅力は色々ありますが、

価格デザインに対する注目が高かったですね!

このお値段であれば、買い替えに対するハードルも下がります。

シンプルで機能的なので、ぜひ大人版も販売して欲しいですね!!

まとめ

モンベルランドセルのカラー展開や機能・耐久性についてまとめました。

カラーに関しては、現段階で未発表の為、わかり次第追記します。

モンベルランドセルの購入に関しては↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次