尚玄の本名は?大学ややメイジェイとの馴れ初めについても調査!

  • URLをコピーしました!

俳優の尚玄(しょうげん)さんが、歌手のMay J.さんと結婚されたことが発表されましたね!

May J.さんといえば、「Let It Go〜ありのままで〜」があまりにも有名です。

ですが、お相手の尚玄(しょうげん)については、知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回はMay J.さんとご結婚された俳優の尚玄さんについて

本名や出身大学や経歴

May J.さんとの馴れ初め

などについて調べてみました!

目次

尚玄の本名は?出身大学やプロフィールについて調査!

  • 名前:尚玄(本名:糸数尚玄)
  • 生年月日:1978年6月20日(2022年6月現在44歳)
  • 出身:沖縄県那覇市
  • 血液型:O型
  • 身長:183cm
  • 職業:俳優 モデル
  • 特技:バスケットボール・三線・古武術・英語
  • 学歴:沖縄県立那覇高等学校・亜細亜大学卒業

尚玄さんの本名を調べてみました。

尚玄さんの本名は、糸数 尚玄(いとかず しょうげん)です。

糸数」っていう名字は、あまり聞きなれませんが、沖縄県で多い名字なんだそうですよ!

尚玄さんは、地元の県立那覇高等学校を卒業し、その後亜細亜大学へ進学。

亜細亜大学卒業後は、バッグパッカーとして世界40ヶ国を旅していたそうです。

なので、英語も堪能!

イケメンでスタイルもよくて、語学力もあるって凄いですよね!!

大学卒業後は、モデルとしてのケジメをつけようと、ヨーロッパへ。

なんのコネクションもない状態で海外へ行く、その行動力に驚きです。

自分のフォトブック片手に、自らを売り込み、仕事を獲得していった尚玄さん。

パリ・ミラノ・ロンドンでモデルとして活動されます。

そして2004年25歳の時に帰国して、俳優として活動をはじめたそうです。

2005年には、戦後の沖縄を描いた『ハブと拳骨』で映画デビュー。

三線弾きの主役を演じ、第20回東京国際映画祭コンペティションに純日本映画として唯一ノミネートされました!

その後も、映画を中心に活動されていた尚玄さん。

2008年には本格的にニューヨークで芝居を学ぶことを決意し、渡米します。

現在は日本とアメリカを行き来しながら、海外の作品にも多数出演

そして、俳優業だけではなく、映画原案の発案共同プロデューサーなどもこなされています。

マルチに活躍されているので、きっと才能に溢れる方なのでしょうね(^^

尚玄さんはハーフなの?

尚玄さんには、「ハーフ」という噂があります。

ですが、尚玄さんは、ハーフではありません!!

堀の深いお顔をされていますし、英語も堪能となると、「ハーフでは?」って思ってしまうのも仕方ありませんよね。

Instagramにはお母さまの写真も載っていますが、はっきりした顔立ちの美しい方でしたよ!

大学在学中にモデルデビューした尚玄さんですが、当時はハーフブーム

当時所属していた事務所のモデルは、ほとんどがハーフの人だったそうです。

そんな中に混ざって活躍されていた尚玄さん。

インタビューでは「日本人離れをした容姿のおかげで恩恵があった。」と答えていました。

実際、ハーフブームの中、純日本人でありながらすぐにお仕事がいただけたそうです。

そんな尚玄さん、2022年6月20日に、歌手のMay J.さんと入籍したことで、一躍注目されています。

尚玄とメイジェイとの馴れ初めは?

2022年6月20日に入籍した尚玄さんと、May J.さん

俳優歌手ということで、ジャンルの違う2人がどこで知り合い、結婚に至ったのでしょうか?

尚玄さんと、May J.さんは、2014年に週刊誌に手つなぎデートの様子をキャッチされ、交際が発覚しています。

その際、馴れ初めについて知人の紹介で知り合い、約1年前から交際している」と報じられていました。

May J.さんは、ハーフで英語も堪能、インターナショナルスクール卒業。

尚玄さんも英語が堪能で、海外でモデルや俳優として活動するなど国際感覚が豊か。

なので、色々な共通点があり、意気投合したのかもしれませんね。

その後も順調に交際を続けて、約10年間の交際期間を経て入籍となりました!!

尚玄さんは手書きで発表。「達筆」と話題になっています!

同じ誕生日の二人が結ばれるなんて、なんだか運命的ですよね。

これからも末永い幸せをお祈りいたします!!

まとめ

今回は、歌手のMay J.さんと入籍をした尚玄さんについてまとめてみました。

モデルや俳優として活躍するだけではなく、プロデューサー業もこなす尚玄さん。

今回、歌手のMay J.さんと入籍を発表したことで、注目が高まっています!

今後は見かけることが多くなってくるのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次